新バンド "Folklore"(フォークロア)について




“Folklore”(フォークロア)
フォークロアとは、ある民族に受け継がれている音楽や民話、伝統文化やおとぎ話、またそれを伝承するという様々な意味を持つ言葉です。ジャズの伝統を受け継ぎ、新しい音楽を伝承していきたいという思いからこのバンド名にしました。伝統的なジャズのスタイルから、世界の民族音楽のエッセンスを取り入れた音楽を伝えていきます。

今後拡大することも視野に入れていますが、バンドの基本的な編成は、アルトサックス、テナーサックスが二人、トロンボーン、ピアノ、ベース、ドラムの7人編成です。

特に注目していただきたいのは、ホーンセクション。この編成は世界的にみても他には無い編成かもしれません。

この編成にした理由は、デュークエリントンのビッグバンドからヒントを得ています。エリントンのビッグバンドのトロンボーンセクションは基本的には3人です。現在ほとんどのバンドは、バストロンボーンを含めた4人が、トロンボーンセクションの主流となっております。ここにエリントンのバンドサウンドの秘密が隠されているわけです。

Folklore“は誰がソロを取っていても、この3トロンボーンのサウンドシステムを使えるようにこの編成にしました。

また、土井さんはクラリネット、吉本君はフルートの名手でもあります。僕もバスクラリネットを演奏するので、室内楽のようなサウンドの曲も演奏します。

シーンを牽引する素晴らしいミュージシャンを集めました。
是非この新バンドの最初のライブ、未知なるサウンドを体感しにお越し下さると嬉しいです。


323日(日)石森管楽器
13時半開場 14時開演
チャージ2500円・要1ドリンクオーダー(500円~)
山田拓児"Folklore"
山田拓児(as,ss,bcl)土井徳浩(ts,cl)吉本章紘(ts,fl)張替啓太(tb)片倉真由子(p)千北祐輔(b
スペシャルゲスト
大坂昌彦(d

このブログの人気の投稿

初めてのジャズライブハウス

楽器ケースは消耗品