投稿

2月, 2012の投稿を表示しています

雑誌掲載情報

イメージ
Sax&Brass Magazineという管楽器専門誌に初めて掲載させていただきました。
内容は、アドリブの考察です。
僕が書いたアドリブの譜面と、その模範演奏が収録されたCDが付いております。
ここから先は若干Deepな世界なので、僕のサックス専門Blogの方に書きます。


寒いと、ちょっと濃いめのカルピスが飲みたくなります。


= = = = =
発売して1ヶ月、おかげさまで順調に売れております、
山田拓児ファーストアルバム『Lite Blue』

どこで手に入れることができるのか?と問い合わせも沢山いただいております。
最近、僕の地元の札幌で、素晴しいライブハウス『Jamusica』と、ヤマハ札幌店(中島公園)に置かせていただいております。

その他、AMAZON等のネットショッピングや、有名CDショップ(もし店頭にない場合はお手数ですがご注文の程よろしくお願い致します)、
そして
僕が出演するライブハウスで直接!
ご購入が可能となっております。
是非、ライブハウスにお越しいただけると嬉しいです。

直近のライブは3月2日(金)、六本木アルフィーにて、激アツだけど激しっとりな、中村健吾Jazz Funkユニット、『Unit 4』。
是非、ハービー・ハンコックやジャコ・パストリアスの名曲から、健吾さんのオリジナルまで、ウッドベースとエレクトリックベースの両方を使ってのライブ。
是非!


来月は発売記念ツアーを行います!
是非ライブ会場でお待ちしております。


山田拓児ファーストアルバム『LITE BLUE』発売記念ツアー!! 山田拓児(as,ss,bcl)片倉真由子(p)本川悠平(b)二本松義史(d) 3月23日(金)宮城県仙台市 Jazz Me Blues NOLA
3月24日(土)山形県山形市 Octet
3月25日(日)秋田県にかほ市 Relaxin’
3月27日(火)六本木 Alfie
3月30日(金)静岡県藤枝市 Body&Soul
4月4日(水)群馬県桐生市 Village

JAZZ JAPAN

イメージ
23日発売の、数少ないジャズ専門誌、JAZZ JAPANに、僕の記事が掲載されております。
新人紹介のページです。

CDレビューも嬉しいコメントをいただいております。

僕が、JAZZ JAPANの前進、Swingジャーナルを初めて買ったのは、My Idol、ジャッキー・マクリーンが表紙の号で、確か1996年の6月号くらいだったような気がします。
田舎で情報の収集の仕方と言えば、そういった雑誌が重宝されるわけです。
今と違って、インターネットなんてまだまだ普及していませんでしたし。

兎に角プレイヤーを知らないから、一年間、隈なく読んで、往年のジャズ・ジャイアンツから覚えて、あわせてCDを買って。

そんな日々から、十余年、ようやくちょろっと載りました。


是非、立ち読みではなく、購入してチェックしていただけるとJAZZ界もより活性化するかも⁈
宜しくお願い致します。


2012年3月スケジュール

2012年3月スケジュール


3月2日(金) 六本木 ALFIE
港区六本木6-2-35 ハマ六本木ビル5階 (日比谷線六本木駅出口1aから徒歩2秒のビル5階です!) TEL:03-3479-2037 開場:19:00 スタート:1st set20:00 2nd set 21:30 チャージ:3675円
中村健吾” UNIT4” 中村健吾(b,elb)山田拓児(as,ss,bcl)吉田サトシ(g)菊池太光(p)柴田亮(d)
♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

3月13日(火) 池袋 Apple Jump 豊島区西池袋3-33-17 東武西池袋サンラトマンションB1 TEL:03-5950-0689 スタート:1st set20:00 2nd set 21:30  チャージ:2800円

2012年2月スケジュール

2月4日(土)
御茶ノ水 NARU
大坂昌彦5
大坂昌彦(d)山田拓児(as,ss,bcl)西口明宏(ts)今泉正明(p)島田剛(b)


2月7日(火)
関内 KAMOME
鈴木良雄Generation Gap
鈴木良雄(b)中村恵介(tp,flh)山田拓児(as,ss,bcl)ハクエイ・キム(p)大村亘(d)


2月27日(月)
新宿 PIT Inn
鈴木良雄Generation Gap
鈴木良雄(b)中村恵介(tp,flh)山田拓児(as,ss,bcl)ハクエイ・キム(p)大村亘(d)


大坂さんのバンドに加入して半年ほど経ちました。
大坂さんのオリジナル曲がメインのバンドです。
このバンドは凄いですよ。

先月は鈴木良雄Generation Gapでツアーに出ましたが、より親密になり、バンドのサウンドも一体感が増したように感じます。


どちらのバンドも、「バンド」としての結束力が大きく、とてもバランスの良い、そして成長するバンドです。
自信をもってオススメします!
是非お越しください。