投稿

3月, 2020の投稿を表示しています

【有料会員制サイトオープンのお知らせ】

イメージ
【有料会員制サイトオープンのお知らせ】
コロナの影響でyoutube等でミュージシャンが動画をたくさんあげるようになりましたね。
以前から感じていたことは、無料で動画を上げることは構わないのですが、特にレクチャー系はある程度線引きが必要だと感じていました。 ここからはレッスンでお金を頂戴して教授すること、これくらいなら無料でSNS等にあげてもよいな、と。
普段実地レッスンに来ていただいてる方やオンラインレッスンをご利用の方は、レッスン代をお支払いして知識を得ています。(もちろんレッスンに通うということは音楽の知識をえるだけではなく、世間話をしたり、そういうコミュニケーションも楽しんでいる方も多いかとおもいます。) 自分もお金を払って海外のJazz教育系のサイトに登録して勉強しています。

特に最近はプロの方が習いに来て下さることも増えまして、専門的な知識を深く知りたいというお声をいただいております。 そのような機会が増えるにつれて、自分の技術を「惜しみなく」伝えたいとおもました。 その際、youtubeで無料で動画をアップするより、有料の会員制サービスを使った方が「ここまでは無料、ここからは有料」という線引きも必要なく、レッスンに来ていただいている方々にも気兼ねなく教えられると思いました。
そもそもyoutubeは何万人という人数に見てもらいたい、という動画投稿者が多いと思います(収益のためにも)。 しかし、この10年演奏業と講師業を両立してきたいま、僕が必要なのは匿名の1万人に見てもらうより、コニュニケーションが取れる100人の人にしっかり教える・伝えるという方が大事だと思いました。
というわけで、有料会員制のサイト(オンラインサロン)を始めたいと思います。 セキュリティ面や、動画の著作権(有料オンラインサロンで他人のyoutube動画を埋め込むのはダメらしいのです。)に気を使ったりと、現在準備中ですので開設の際はまた後日お知らせいたします。 もちろんすべて有料にするのでなく、youtube等SNSを使った発信も今までどおり行っていきます。
というわけで、お楽しみに!
よろしくお願いいたします!

Ella Fitzgeraldが歌う East of the sunを考察する

イメージ
スタンダード曲を研究する(歌詞付き)  VOL.1 East of the Sun (and West of the Moon) -------------------------------------------
ジャズのスタンダード曲は歌詞が付いている曲と歌詞が付いていない曲の2つあります。 歌詞がついている方は、主に1920年代から30年代に流行った曲、映画音楽やブロードウェイなどの舞台音楽で当時のアメリカのポピュラーソングをジャズミュージシャンが演奏し後世まで語り継がれた曲です。 一方歌詞が付いていない曲は、主に1940年代のbebopという音楽スタイルが流行した頃から現代に至るまでの曲です。

今回は歌詞付きのスタンダード曲の演奏方法を考察していきます。

歌詞付きのスタンダード曲は歌詞なしに比べて自由度が高く、歌手や演奏者によってメロディーの解釈がかなり変わります。本来市販の楽譜は(歌詞付き・無しに関係なく、メロディーとコードのみ書かれた楽譜をリードシートと言います)とてもシンプルで、最低限の情報しか楽譜に記されていません。これを元に自分なりの解釈で歌ったり演奏したりします。
では、どのようにメロディーを演奏するべきか? 多くのインスト楽器のプレイヤーは歌詞が書いていないリードシートを読んでメロディーを覚えることが多いと感じます。しかし、完璧な楽譜はほぼ存在しないことに加えて、歌詞が書かれていない楽譜はメロディーが簡素化され音符が省略されているものや、メロディーがオリジナルとかけ離れているものがが多々あります。 それらの楽譜を元にするより、歌詞付きのリードシートを使った方が解釈が深まりオリジナリティ溢れる、毎回違う演奏を可能にします。
なぜそれが可能か? 歌詞が付いている方がフレーズが分かりやすいことが一点。ワンフレーズ毎の区切りが分かりやすく、さらにそのワンフレーズの中でも細分化しリズムを変える(音価を変える)ことができる。 そしてもう一点、英語は日本語に比べてリズムがある言語です。日本語は大抵音符1つにつき1つの母音や子音が割り振られますが、英語は1つの音符に3個以上母音(二重母音というものもあります)や子音が含まれることもあります。他にも英語独特の要素がありますが、このような特性を活かし、さらにジャズの音楽理論を組み合わせることにより自由な演奏を可能とします。

さあ研究しよう…

2020年3月スケジュール

いつも更新が遅くすみません、、
3月21日(土)御茶ノ水NARU 大坂昌彦5 大阪昌彦(d)山田拓児(as,ss)西口明宏(ts,ss)熊谷ヤスマサ(p)千北祐輔(b)
3月22日(日)八王子 Jazz Trane チャーリー・パーカー・ワークショップ VOL.4 10時から11時半 参加費3000円 パーカーの研究をします! お申し込みはcontactフォームからどうぞ。
3月24日(火)新宿Pit Inn(昼の部) 中西暁子5
中西暁子(tp)山田拓児(as)片倉真由子(p)伊藤勇司(b)横山和明(d)

サックスのオンラインレッスン(音楽理論、アレンジのレッスンも可能です)

イメージ
オンライン・レッスンのお知らせ
ご自宅もしくはWi-FIが使える音楽スタジオ等で、遠方の方もレッスンが可能です。 レッスンは主にZOOM、LINEやFacebookのMessenger、iPhoneのFaceTimeを利用しますので、普段スマートフォンやパソコンをお使いであれば、オンラインレッスンの為に特別に準備するものはないかと思います。

以下の物があるとさらに快適にレッスン行えます。
・小型携帯スタンド 100均でも購入可能です。写真の物で300円でした。



・マイク付きイヤホン かなり高額な物もありますが、1000円程の安価な


レッスン料金 サックス:1時間30分 7000円(初回5分無料) 音楽理論 or アレンジ:1時間 5000円(初回5分無料)
初回レッスンの最初の5分程度はインターネット環境の確認をします。 携帯電話の機種にやインターネット環境により、音質がクリアに聞こえない場合もあります。 初回レッスン時に、まずはレッスンができる状態かどうかを確認し、問題がある場合はレッスンを中止できます。その場合のレッスン代は発生しません。

レッスン内容 生徒さんの希望に合わせてレッスンをカスタマイズします。 オンラインレッスンでは実地のレッスンと異なり、その場で楽譜を書くことができないため、あらかじめ生徒さんの要望を聞いてプリントを作成します。そのプリントをダウンロードしてコピーしていただき(最近はセブンイレブンのコピー機でも出力可能です)、お互い同じ資料を見てレッスンを進めていきます。 もちろんレッスン時に私が演奏したフレーズを書いていただくこともありますし、その場で私が楽譜を音楽ソフトで作成してデータを送ることも可能です(パソコンとプリンターがあると便利です)。 生徒さんのご要望に合わせて市販のテキストをご購入していただく場合もあります。
お気軽にお問い合わせください。 レッスンのお申し込み・ご質問等はホームページのコンタクトページからお願いいたします。
https://www.takujiyamada.com/contact/