投稿

サックス動画 目次

リード リードのセッティング方法 1 リードのセッティング方法 2 リードの保存方法 「リードの耐久性 1 」 「リードの耐久性 2 」 「Patterns from diminished scale vol.1」

note書いています

イメージ
SNSの発信プラットフォームがたくさんあると、結局どこに手をつけるべきが、いまだによく分かっていません。 そんなわけでこのblogの更新がなかなかできていませんが、noteを少しずつ書くようにしています。 noteの方は主に趣味で演奏している方に向けての記事が増える見込みです。 気まぐれなのでトピックが分散してしまいそうですが、チェックしていただける嬉しいです。一部有料記事ですが、安価に設定しております。PayPayでの支払いも始まりました。(会員登録が必須ですが、スマートフォンからの購入(noteアプリからは購入不可、各種ブラウザーにて購入)できます。) よろしくお願いします! noteのページはこちら note.com/takujazz 最新の記事はチャーリー・パーカーに関してです。 「ジャズを勉強するならチャーリー・パーカーは必須」と言われることが多いのですが(特にサックスは)、パーカーを練習した方が良い理由と、有料記事部分ではパーカーのフレーズに関して説明しています。

大学教員3年目を終えて

イメージ
今日で2021年度の大学教員の仕事は終わりました。母校・洗足学園音楽大学の教員になり3年が経過しました。 1年目からハイレベルな3年生の理論のクラスを担当することになり、最初の1学期は毎回緊張しずっと熱を出しているくらい必死でした。2年目(2020年)はリモート元年ということもあり、試行錯誤しながらあっという間に1年が経過していきました。毎回の授業のあとに、今日の授業の組み立て方は自分なりにはうまくいった(生徒がどう感じているかはまた別ですが)、今日は盛り込みすぎた、ここは自分でもイマイチまだ十分に理解していないまま説明している、などをメモ。 そして3年目に突入。
年々ブラッシュアップできてはいるけれど、まだまだです。 「まだまだ」というのは、日本とアメリカで自分が経験してきた授業やレッスンと比べると「まだまだ」なのです。 洗足(1999年入学者までは短大のみ。卒業後はバークリーに編入できる単位互換制度を導入した大学です。多くの学生がバークリーに留学しました。)は特にバークリー出身の先生が多く、世界で活動してきた先生方にイチから習えたことは貴重な体験で、その後の留学するビジョンも見えやすかったです。そして渡米後のバークリーの授業では、座学では作編曲や歴史、パフォーマンスではアンサンブルや専門の楽器だけのクラスなどいろんなクラスを受講しました。そしてその各授業の先生たちの知識の豊富さや演奏技術の高さは半端ではないのです。それはそうです、ジャズ(だけではなくもっと広く言えばアメリカンミュージック)が生まれた国ですから、ジャズを作ってきたレジェンド達と密接な関係のある先生が多いのですから。実際僕のサックスの先生はカウント・ベイシーやライオネル・ハンプトンのバンドで演奏していた人でしたし、共演していなくても僕の在学時のほとんどの先生はデューク・エリントンやマイルス・デイビスを生で見たことがあるでしょう。 (ちなみに渡米したのは2002年4月ですから20年もの月日が流れたのです!) いま思い出してみると、もしかしたら先生側が生徒に対して「こういうことを知ってほしい、分かってほしい」という気持ちはあまりなかったかもしれません。どちらかというと、「これ凄いんだよ、こんなこともあるよ」というような、情報をシェアしたい気持ちに溢れている先生が多く、そして生徒側からすると「もっと聞きた

2021年11月スケジュール

 11/5(金)六本木Satin Doll 大坂昌彦4 大坂昌彦(d)山田拓児(as,ss) 中嶋錠二(p)安ヵ川大樹(b) ===== 11月10日(水)渋谷Jz Brat 斉田佳子 Bon Voyage 斉田佳子(vo)三木俊雄(ts)高瀬龍一(tp)山田拓児(as)中路英明(tb) 堀秀彰(p)高瀬裕(b)吉岡大輔(ds) ===== 11月20日(土)新宿 Pit Inn (昼の部) 中西暁子 5 中西暁子(tp)山田拓児(as)片倉真由子(p)伊藤勇司(b)横山和明(d) ===== 11月28日(日) 成田 成田市文化芸術センター スカイタウンホール  UoU CD発売記念コンサート UoU 山田拓児(as,ss) 阿部大輔(gt) 小森陽子(p) 津川久里子(b) 二本松義史(d) ===== 11月29日(月)新宿 Pit Inn (夜の部) UoU CD発売記念コンサート UoU 山田拓児(as,ss) 阿部大輔(gt) 小森陽子(p) 津川久里子(b) 二本松義史(d) ===== 11月30日(火)横浜 サルビアホール 開場18:30 開演19:00 (1セットのみ) UoU CD発売記念コンサート UoU 山田拓児(as,ss) 阿部大輔(gt) 小森陽子(p) 津川久里子(b) 二本松義史(d)

ライブハウス

我々ミュージシャンはやはり演奏する場所が必要です。いつライブ活動が再開できるかまだまだ分かりませんが、その日が来る前にお店がなくなってしまうことは避けたい。 僕のバンド山田拓児”FOLKLORE”、南青山のBody&Soulのお陰で大きく成長させていただいております。自分のやりたい音楽を最高のメンバーと追求していきたい、そのためには定期的に演奏することが不可欠ということで、オーナーの京子ママに打診し昨年まで隔月で出演させていただいておりました(今月27日に当バンドがブッキングされておりますが、お店を休止するかどうか、15日以降の営業はまだ決まっておりません)。 そもそも、僕のバンドというより、日本のジャズシーン全体を支え発展させてきました。 そのBody&Soulを支援しようという動きが始まりました。1000円から寄付が可能です。 僕はお店で飲食費やライブチャージに使える1000円x6枚のチケットが特典のコース(5000円。お得ですよね!)で寄付しました。 先ほど京子ママと電話で話して、僕が寄付してリターンされるチケットをお客さんにプレゼントして良いという許可をいただきました。 ライブに来てくださるお得意様に、ボトルキープならぬ割引チケットキープができるということです。自分がリーダーライブをやるときには、集客にもプラスになるかもしれません。1000円引のチャージが6名にプレゼント出来るわけですから。 僕はミュージシャンにお店に寄付を求めているわけではなく(みんな苦しいですから!本当に自分のことで精一杯ですよね。だから自分のできる範囲でね。)、こんなやり方もあるということを伝えたいだけなのです。 ミュージシャンが演奏する場所を失うことはアイデンティティを損なわれることと同義だと思うのです。 まずは演奏する場所を守りたい。 守りましょう! 支援方法はこちらをご覧ください↓ https://camp-fire.jp/projects/view/265308?fbclid=IwAR10aM1DqdBFBJrdeELdW5lDcNiwDEB4EDDETGNWfNFHsaHgXLKe3SdTtcA

【有料会員制サイトオープンのお知らせ】

イメージ
【有料会員制サイトオープンのお知らせ】 コロナの影響でyoutube等でミュージシャンが動画をたくさんあげるようになりましたね。 以前から感じていたことは、無料で動画を上げることは構わないのですが、特にレクチャー系はある程度線引きが必要だと感じていました。 ここからはレッスンでお金を頂戴して教授すること、これくらいなら無料でSNS等にあげてもよいな、と。 普段実地レッスンに来ていただいてる方やオンラインレッスンをご利用の方は、レッスン代をお支払いして知識を得ています。(もちろんレッスンに通うということは音楽の知識をえるだけではなく、世間話をしたり、そういうコミュニケーションも楽しんでいる方も多いかとおもいます。) 自分もお金を払って海外のJazz教育系のサイトに登録して勉強しています。 特に最近はプロの方が習いに来て下さることも増えまして、専門的な知識を深く知りたいというお声をいただいております。 そのような機会が増えるにつれて、自分の技術を「惜しみなく」伝えたいとおもました。 その際、youtubeで無料で動画をアップするより、有料の会員制サービスを使った方が「ここまでは無料、ここからは有料」という線引きも必要なく、レッスンに来ていただいている方々にも気兼ねなく教えられると思いました。 そもそもyoutubeは何万人という人数に見てもらいたい、という動画投稿者が多いと思います(収益のためにも)。 しかし、この10年演奏業と講師業を両立してきたいま、僕が必要なのは匿名の1万人に見てもらうより、コニュニケーションが取れる100人の人にしっかり教える・伝えるという方が大事だと思いました。 というわけで、有料会員制のサイト(オンラインサロン)を始めたいと思います。 セキュリティ面や、動画の著作権(有料オンラインサロンで他人のyoutube動画を埋め込むのはダメらしいのです。)に気を使ったりと、現在準備中ですので開設の際はまた後日お知らせいたします。 もちろんすべて有料にするのでなく、youtube等SNSを使った発信も今までどおり行っていきます。 というわけで、お楽しみに! よろしくお願いいたします!